タムラタイチ歯科診療所の院内レイアウトの意味するところ


 既存の歯科医院では、患者様が受付で診察カードを出し、自分の順番が来るまで待合室で待ち、名前をよばれ診療室の椅子に座り、現在のお加減をお聞きして治療に入るというのが一般的でした。

 治療に入る前に、患者様の不安を取り除きたい、同じ目線でお話したい、わずかな変化を知りたい、日常の事を良く知りたい。そんな思いから、真ん中あるいは芝生のお部屋といわれるカウンセリングルームを診療所の中心につくりました。